FC2ブログ

退院後、初めての訪問医療

ご訪問ありがとうございます。


○ヨさんが無事退院し、ケアマネさんやショートステイの担当者、福祉用具のレンタル会社の方、そして、訪問看護師の方の訪問など、当日はとても慌しかったです。

それらの方々が帰った後、仕事を終えた夫がようやくやってきました。

夫はその日はそのまま○ヨさん宅に泊まって○ヨさんの様子を見てくれる事に。


「トイレにも自分で歩いて行けるし、食べ物さえおいておけば一人でも大丈夫そう」という夫の判断で、私の泊まりでの看守りは毎日通いでの看守りに変更する事になりました。


○ヨさんは入院中殆どベッドで寝て過ごしていたので、その生活に慣れてしまったのか、帰宅してからも殆どベッドから起き出して生活することはなく、トイレに行く時以外はベッドの中で1日中目を閉じてウトウトしています。

それでも薬を飲ませなくてはいけないので、「何か食べて薬を飲んで下さい。」と言っても、「食欲がないのよ。食べたいと思わないの。」と言い、あれだけ大好きだったチョコチップスティックを1口、2口食べるだけ。

「じゃ、後でお腹が空いたらちゃんと食べてね。」と言って冷蔵庫にしまったお弁当も、翌日も手付かずの状態で冷蔵庫に入っていました。

「お義母さん、何か食べないと栄養失調で死んじゃうよ。折角、もう何処も異常なしって言われて退院してきたのに。」と言っても、「うん。お腹が空いたら後で食べるよ。」と言うだけで、結局、殆ど食べない○ヨさん。

「以前のように元気に普通に生活したい」と思う「気力」がなくなってしまったのかも知れませんね。


9月2日、退院してから初めての訪問医療の日でした。

午前10時から12時の間に訪問との事だったので、私は午前6時過ぎに牛久の自宅を出発、午前9時半頃に○ヨさん宅に到着しました。

相変わらず○ヨさんはベッドの中でした。

ベッドの頭の上の棚には食べかけのチョコチップスティックがあったので、お腹が空いて少しは食べたのでしょうね。

薬を確認すると、飲むべき薬は残ったまま。

もう、○ヨさんは自発的に薬を飲むことは出来なくなっているようですね。


午前10時15分、訪問医療の先生方が見えました。

今回はいつもの先生、看護師さん、助手の方の3人の他に見習いの若い先生も加わり、全部で4人での訪問です。


「ベッドにいるのでそちらにどうぞ。」と言って、ベッドの部屋に案内しました。


「久し振りだね。退院できて良かったね。早速、聴診器当てさせて貰うね。」

先生はそう言って、○ヨさんの胸に聴診器を当てました。

「うん。大丈夫だね。お腹の音も元気だ。」と先生。

○ヨさんは嬉しそうにニコニコしています。

看護師さんが血圧を測定し、こちらも異常はなさそうです。

先ほど先生に向けていた○ヨさんのニコニコ顔はもうありません。

「ちょっと、こっちの先生にも診て貰ってね。」と、連れて来た若い先生も○ヨさんに聴診器を当てました。

すると、○ヨさんは「私は先生だったらいいけど、他の人はダメ。」と言って、お得意のポーズ(胸の前で腕をクロスしてバッテン)を作りました。

私は○ヨさんに「そんな事言わないで、ちゃんと診て貰ってね。」と窘めましたが、「私は知らない人は嫌なの。」と、相変わらずの○ヨさんです。


「実は、退院してから、殆ど食べないんです。病院では食事は毎回完食していたらしいんですけど。」

「そうだね、こちらへの報告書でもそう書いてあるね。」と先生。

「ちゃんと食べないとダメだよ。水分もたくさん摂らないと。また病院に逆戻りになっちゃうよ。」と先生が○ヨさんに言ってくれました。

「先生、どうしてこんなになっちゃうの?私、何も悪いことしてないのに。」と○ヨさん。

「クーラー使わずにずっと暑い部屋にいたり、水分を十分に摂らなかったからだよ。」と先生。

「私、何も悪いことしてないのに。」と、○ヨさんは何度も何度もそれを繰り返しています。


「とりあえず、薬を2週間分処方しておきますね。次回の訪問は17日の予定ですが、明日からのショートステイが延長になったら、連絡入れてください。」

先生は処方箋を出してくださり、訪問診療を終えて帰られました。


すぐに薬局に薬を受け取りに行き、○ヨさんの家に戻り、翌日からのショートステイの準備をしてから、ようやく帰宅しました。

自宅では殆ど食事を摂らない○ヨさんですが、ショートステイに入ったら、病院の時と同じようにちゃんと食べてくれるといいんですけどね。





最後まで読んで下さってありがとうございます。

記事を読んでいただける事、それが私の励みです。(´▽`)アリガト!

どんな事でも、お声を掛けていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
にほんブログ村





認知症ランキング



よろしければ、こちらのブログも覗いてみて下さいね♪
         ↓
ケセラセラ?? 義母の介護と私の日記 2015/1/20~2019/8/29

良質なカウンセラーを目指すブログ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは

お義母さんは、自分が唯一無二の世界基準なので
「私、何も悪いことしてないのに。」
ある意味間違ってないですね

健啖家、ただし好き嫌いの激しいお義母さんにとって
ショート利用の課題として食事が挙げられるでしょう

どうしても受け付けない物ならメニュー変更はあり得ます
ウチの特養婆さんが肉とウナギがNG
(アレルギーじゃないもののダメなんです)
一人だけベツメニューの日があって
周囲のババ族から羨ましそうに見られますけど
入所でなく通所だとそうそう変更難しいと思います

避けて通れない食事で協調性無いと厄介ですよ

Re: No title

>mathichenさん

こんばんは。

外は台風15号の影響で、激しく雨が降っています。
土曜日から実家に来ているのですが、こちらは「大雨の警戒レベル3に相当する状況」だそうです。
こんな台風の時に、母を一人で心細い思いをさせずに済んで良かったな、と思っています。

義母ですが、ショートステイでも殆ど食事を受け付けない状態のようです。
食事のメニューが気に入らないというよりも、義母が「物を食べたいと思わない」という状況みたいです。

こんな状態が続くと、また入院なんて事になっちゃうかも?と、新たな心配が。
「熱中症は完治、糖尿以外には特に異常なし」ということで退院したんですけどねぇ。
プロフィール

シンディ

Author:シンディ
シンディのブログへようこそ!

「思ってもいない事は絶対に書かない」をモットーに、感じた事を心のままに・・・。

ごゆっくりお過ごしくださいね♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる