FC2ブログ

相変わらず、上から目線発言ばかりの義母

ご訪問ありがとうございます。


昨日の午後7時04分、○ヨさんに電話を入れました。


○ヨ:はい。

私 :もしもし。もう、ご飯食べた?

○ヨ:うん。ご飯、今終わった。

私 :そう。今日は(区民ひろばに)行って来たの?

○ヨ:今日はね、行って来た。

私 :そうなんだぁ。

○ヨ:そしたらね、みんながさ、行かなかったら「どうしたの?どうしたの?」って、電話掛かって来るんだよ。だからしょうがないから行って来た。

私 :ああ、そう。

○ヨ:行ったらね、「ああ、元気で良かった~。」って言われたよ。

私 :そう。

○ヨ:来ないとね、寂しいって。まぁ、色んな事を教えてあげてるからね。だからね、「アンタが来ないと寂しいよ。」って。「何ともなかったら出て来てね。」って言うから、「じゃ、出るようにします。」って。

私 :ああ、本当。

○ヨ:しょうがないじゃない。色々教えてあげたりするからさ。「アンタがくればさ、教えて貰えるしさ。」って喜ばれたよ。

私 :あ、そう。

○ヨ:だから、嫌がられると行かれないけどね、「ああ、良かった~。来てくれて。」って。ホラ、色々教えてあげるからさ。だから、喜ばれたよ。

私 :あ、そう。良かったね。

○ヨ:嫌がらせされるとアレだけど、み~んな、そうねぇ、10人ぐらい居たかな?「来なきゃダメじゃ~ん。ズルしちゃダメだよ。」って、ぶぅぶぅ言われちゃったよ。だから、「何ともなかったら来ます。」って言ったのよ。

私 :ふ~ん。

○ヨ:嫌がらせされるんじゃアレだけど、喜ばれるんなら行ってあげなきゃダメだな~って、今、思ってたところよ。

私 :そう。

○ヨ:なんかね、すごく教えてあげたりしたら、本当に喜ばれたよ。

私 :あ、そう。じゃ、明日も頑張ってね。

○ヨ:うん。ありがと。


相変わらず、「色々教えてあげてる。」「喜ばれるんなら行ってあげなきゃ。」とか、上から目線発言ばかりの○ヨさんです。


○ヨさんが行った時、「今日は○ヨさんが参加出来るイベントはやってないんですよ。」なんてハッキリ言う職員さんの事は、ケアマネさんや訪問医の先生などに「区民センターの中には、年上の人間を敬う気持ちもなくて、口のきき方も知らない不作法な人が居るのよ。だから、その人に、それじゃダメよと教えてあげるの。」と言います。

でも、その職員さんは、お仕事として、事実を正しく○ヨさんに伝えているだけなんですけどねぇ。(^_^;


日付が変わり、午前0時40分過ぎ、名古屋に向かって出発しました。

今回は夫と愛犬ハッピーと一緒です。

名古屋から帰宅するのは3日の月曜日の予定です。




最後まで読んで下さってありがとうございます。

記事を読んでいただける事、それが私の励みです。(´▽`)アリガト!

どんな事でも、お声を掛けていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 病気ブログ アルツハイマー病へ
にほんブログ村


認知症ランキング





よろしければ、こちらのブログも覗いてみて下さいね♪
         ↓
ケセラセラ?? 義母の介護と私の日記

良質なカウンセラーを目指すブログ

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメントできるかしら?

未だ記事アップがうまくいかなくて、ウロウロ、オロオロしています。
◯代様、お母様、いかがお過ごしですか?
yahoo!blogの方も拝見しております。

Re: コメントできるかしら?

こんにちは。

大丈夫、コメントはちゃんと届いてますよ。

FC2のブログの記事アップ、上手く行きませんか?

私はPCからですが、スマホからの投稿だとなかなか難しいのかな?

母も義母も、毎日の電話では、体調を崩す事もなく、元気に頑張っているようです。

母も義母も元気な事が、一番有難い事ですね。

No title

こんばんは

お義母さんを一言で言えば、「世間知らず」ですよね

無学がどうのじゃなく
お義母さんの元勤務先を全世界基準みたいに
他社には他社のやり方がを認めず
1社の狭い範囲が世間の常識と考えるといいますか

大成功はしないが、これと挫折もしなければ
井の中の蛙として安穏に過ごし
自己評価の目に曇りが生まれるでしょう
終身雇用のマイナス点を見たような印象ですよ

Re: No title

こんにちは。

そうですねぇ、義母の場合、自分が勤めていた会社が全世界基準だと思っているようなところ、確かにありますね。

本当に「井の中の蛙」なのですが、どこへ行っても、自分は認められて当然と思っているようです。

自分の勤めていた会社が、誰からも認知されている会社だと勘違いしているところもありますしね。


その制度のある会社ならば、永く勤めれば誰でもいただける「永年勤続」の表彰状。

勤続20年の義母は、表彰状と金一封をいただきました。


義母は「自分は会社にとって特別な貢献者だったからいただいた」と勘違いしている様子で、それも義母の「自分は特別出来る人」という過剰な自信に繋がっているのかも知れませんね。

ちなみに、私の実家にも、父が勤続40周年の時にいただいた表彰状がありますが、父がそれを自慢しているのを見たことはありません。
プロフィール

シンディ

Author:シンディ
シンディのブログへようこそ!

「思ってもいない事は絶対に書かない」をモットーに、感じた事を心のままに・・・。

ごゆっくりお過ごしくださいね♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる