FC2ブログ

たった一人になったとしても

9月27日、テレビ東京のドラマ「テミスの剣」を観ました。


自分が関わった冤罪事件に依り、「組織に忠実」であるか、「自分の正義に忠実」であるか悩み、「自分の正義に忠実に生きる」と決め、行動する主役の警部に俳優の上川隆也さんが、そして、最後のどんでん返しで、自分の手を汚さずに殺人を導いた検事の役に船越英一郎さんが演じていました。


主役の上川達也さんは、その役にとてもピッタリな感じでしたし、いつもなら犯人を追い詰める側の役が多い船越英一郎さんも、その役にピッタリとはまり、とても重厚で素晴らしいドラマだったと思います。


上川達也さんはドラマ「遺留捜査」でも、ちょっと人とは違う独特な刑事の役ですが、そういう役が良く似合う俳優さんだな、と思います。


いつもはのほほんとした感じの高橋克実さんも、今回は非情で暴力的な刑事役でしたが、本当に怖いと思うくらいの演技でした。


冤罪事件に対し、自分の正義に忠実に生きると決意した警部の新婚の妻は「あなたにはついていけません。」と置き手紙と離婚届を置いて家を出てしまったのですが、どうして誠実な夫について行けないの?と、ドラマなのに何だか腹立たしい気持ちになりました。

正義に忠実である事が何故いけないのか?、妻ならば、たった一人の味方になるのが本当では?と、思いました。

でも、現実にそういう場面に出くわせば、逃げてしまう妻は多いのかも知れませんね。


私が男だったら、そして、このような場面に遭遇してしまったら、やっぱり、主人公と同じ決断を下しただろうな、と思います。

自分がたった一人になってしまう事よりも、自分の正義に忠実に生きられない事の方が辛いと思うからです。

自分の犯した罪は素直に認め、たった一人になったとしても、「正義に忠実に生きる男でありたいな」と、改めて感じたドラマでした。




最後まで読んで下さってありがとうございます。

記事を読んでいただける事、それが私の励みです。(´▽`)アリガト!

どんな事でも、お声を掛けていただけると嬉しいです。





にほんブログ村








よろしければ、こちらのブログも覗いてみて下さいね♪
         ↓
ケセラセラ🎶 義母の介護と私の日記

良質なカウンセラーを目指すブログ







スポンサーサイト



思いもよらぬすれ違い

先週の金曜日、ちょっと久しぶりに竹ノ塚の友人から電話が掛かってきました。

その友人は「1ヶ月に1度くらいは会いたいね。」と以前から言っていましたが、長女家族の帰国や次女の出産などが重なり、しばらく会えずにいたのです。


電話に出ると、「何だか嫌なことばかりあって、最近全然眠れないのよ。だから、病院で睡眠薬を処方して貰っているんだけど、それも効かないし、強い薬だから飲みすぎると死んじゃうって。色々と話を聴いて貰いたいから会えない?」と。


いつもなら認知症の姑の所に行く金曜日で、その帰りに竹ノ塚に寄ることも出来るのですが、今回は娘が家に居るので、姑の所には夫に行ってもらったのです。

どうしようかと考えましたが、彼女の声が切羽詰った様子だったので、急遽、彼女に取手まで来てもらって会うことにしました。


私は約束の時間の前に取手の駅前に到着、多分まだ電車に乗っているであろう彼女に「駅前のみづほ銀行の前で待っているよ。」とラインでメッセージを入れました。

彼女が到着するはずの時間を5分過ぎても10分過ぎても彼女は来ません。

乗るはずの電車に乗り遅れたのかな?と思いながら、車の中で待つこと1時間30分。

送ったラインメッセージを彼女が読んだ形跡はありません。

彼女の携帯に電話を2回入れましたが、留守電になってしまい、連絡が全く取れません。


駅前の路上駐車なので、私が車を降りて、彼女を探しに行くことも出来ません。

結局、諦めて帰ろうと思い、彼女にラインメッセージを送ろうとメッセージを打っていると、彼女から電話が掛かって来ました。


「ごめん、携帯を家に置き忘れて出掛けちゃったのよ。今、帰ってきたところ。」

「電話で6号側だって言ってたから、駅前のロータリーを探したんだけど、居なかったから・・・。」と彼女。

「そう。私も駅前の銀行の前に今も居るんだけど、じゃ、もう家に帰るね。」と私。


確かに出口は6号側ですが、ロータリーには車を停めて待っている場所はないので、私が待っていたのはロータリーから出た場所でした。


お互いに取手まで出掛け、すぐ近くに居たはずなのに、結局二人は会えずに終わってしまいました。


彼女はわざわざ竹ノ塚から取手まで出てきて、私も取手まで出掛け、1時間半も待っていたのに・・・。


こんな思いもよらぬすれ違いも起こるものなのですね。

それにしても、携帯を持たずに、初めての場所で人との待ち合わせをするって、こんな風になってしまうのですね。

携帯がいかに便利なものか、本当に思い知らされた今回の出来事でした。


その日は結局会えなかったので、今週の金曜日に義母の所に行く前に彼女と会って、彼女の話を聴いてあげようと思います。





最後まで読んで下さってありがとうございます。

記事を読んでいただける事、それが私の励みです。(´▽`)アリガト!

どんな事でも、お声を掛けていただけると嬉しいです。





にほんブログ村








よろしければ、こちらのブログも覗いてみて下さいね♪
         ↓
ケセラセラ🎶 義母の介護と私の日記

良質なカウンセラーを目指すブログ

一件落着

8日の午後1時少し前、例の女性がやって来ました。


20代後半か30代前半?と思われるその女性は、リクルートスーツのような紺のスーツに白いブラウスといういで立ちでした。

多分、普段は事務の仕事を真面目にしているのだろうなぁ、という感じで、おとなしそうな感じの女性です。


「先日は、車をぶつけておきながら、逃げてしまい、本当に申し訳ありませんでした。」

「今日は謝罪の為のお時間を割いていただき、ありがとうございます。」

言葉遣いはとても丁寧で、使い慣れている感じですから、きっと、普段はとても真面目な人なのでしょう。



「昨日の夜、警察から連絡があったのですか?」と訊くと、「警察の方が来て、『私達がここに来た理由について、何か心当たりはありませんか?』と言われたんです。」

「で、すぐに思い当たったので、『あります。』って・・・。」と答えました。

「車の被害は大した事はないのですが、やっぱり、逃げられてしまったという事が納得出来なくて、警察に被害届を出したんです。」

「車をぶつけてしまい、怖くなって、咄嗟に逃げてしまうって気持ちは、分かるんですよ。」

「でも、何も知らずに店内で買い物をしていたら、店内放送で当て逃げされたと知らされると、やっぱり、何で逃げちゃうの?って、悔しい気持ちになるんです。」

「車の修理代をこちらが負担しなくちゃいけないの?という気持ちと、逃げるという行為が許せなくて、被害届を出しました。」


「はい、わかります。本当に申し訳ありませんでした。」とうなだれる女性。

「保険には入っていますか?」と女性に尋ねました。

「はい、入っています。後で、保険会社から連絡が入ると思います。」


「でも、傷自体は大した事ないし、多分、少額だと思うのですが、保険を使われますか?保険を使うと、来年からの等級が下がってしまって、保険料も上がってしまうのでは?」

「こちらの心配までしていただき、ありがとうございます。でも、もう保険会社には連絡してありますので、ご遠慮なく、見積もりを出して下さい。」

「わかりました。じゃ、保険会社からの電話を待ちます。」


車の修理に関する話はこれで終わりました。

でも、その女性にやっぱり言っておきたい事があったので、私は言葉を続けました。


「ちゃんと謝罪も受けたし、私はもう何とも思っていません。修理代に関しては保険会社との話し合いという事で、これで終わりです。」

「でも、もし、次にこんな事があったら、絶対に逃げないで下さいね。あなたも今回、警察が来るまで、気が気じゃなかったでしょう?しまむらにも行けなかったでしょ?」

「今回、協力してくれたしまむらには、私からお礼は言いに行くけど、あなたの事はしまむらにはわからないはず。だから、これからも、しまむらは使ってあげてね。」

「じゃ、運転、気を付けて帰ってね。」


彼女の謝罪は終わりました。

「ありがとうございます。」と言って、彼女は帰って行きました。

彼女がお詫びの印に、と持って来てくれた手土産は遠慮なく頂いておきました。


その後、私は買い物に出掛けたのですが、買い物中に保険会社からの着信が2回あったようなのですが、どういう訳か、着信音が鳴らない状態になっていて、気付きませんでした。


買い物から帰宅し、夫とも相談し、今回の車の修理代は請求しないことにしました。

実は、ぶつけられる前にも、フロントバンパーには反対側に小さな傷がありましたし、出っ張ってしまった部分も、夫が手で押し込めば入る程度のもの。

彼女は大分反省しているようですし。

ただ、「修理代は請求しません。」と言っても、多分、それでは彼女が心苦しいでしょうから、どうしようかと考えました。

保険会社から電話が掛かって来る前に、彼女に電話を掛けました。


「修理代は請求しません。でも、それではあなたが心苦しいでしょうから、いつでもいいですから、煙草を2カートン届けていただけますか?」

「それで、保険会社には、そういう事で、示談になりましたって連絡を入れておいて下さい。」と。

煙草が2カートンならば、1万円もしないで買えますから、今回の件の小さな罰としては高過ぎる請求ではないでしょう。(^-^;


その電話を切った後、修理代の見積もりについて、保険会社から電話が掛かって来ました。

どうやら、彼女から話が伝わらないうちに、3回目の電話をくれたようです。

「この度は、○○が車をぶつけて逃げてしまったそうで。本当にお恥ずかしい事で、申し訳ありません。で、修理代の事なんですけど、もう、どこかに修理に出されましたでしょうか?」

そういう電話だったので、「もう、こういう事で話は済んで、修理代の請求はしないことになりましたから。」と伝えました。

「そうですか。ありがとうございます。では、○○にはきちんとするようにしっかりと伝えておきますから。」と、保険会社の担当者が言って、電話を切りました。


その電話を切って5分もしないうちに、玄関のチャイムが鳴りました。

煙草が3カートン入ったビニール袋を提げて、門の外に彼女が立っていました。

「あれ?2カートンで良かったんですけど。」と言うと、「いえ、気持ちです。本当にありがとうございました。」


これで、今回の「しまむら駐車場における当て逃げ事件?」については、本当に終了、一件落着です。

「罪を憎んで人を憎まず」

彼女が「逃げてしまった事の反省」をして、これから気を付けてくれれば、それでいいのです。

まぁ、傷が小さかったから「今回は請求しなくてもいいか」って事になったんですけどね。(^-^;





最後まで読んで下さってありがとうございます。

記事を読んでいただける事、それが私の励みです。(´▽`)アリガト!

どんな事でも、お声を掛けていただけると嬉しいです。





にほんブログ村








よろしければ、こちらのブログも覗いてみて下さいね♪
         ↓
ケセラセラ🎶 義母の介護と私の日記

良質なカウンセラーを目指すブログ








捜査して下さった警察に感謝!

8月29日、しまむら牛久店の駐車場にて当て逃げに遭ってしまいました。

でも、当て逃げの目撃をした人が、車の4桁の番号を憶えていてくれ、そして、防犯カメラの映像などから、もしかしたら、運よく犯人が見つかるかも知れない。

そして、運転ミスで車をぶつけてしまう事は仕方がないけれど、ぶつけた事をわかっていながら逃げてしまうという行為は許せない。

そう思ったので、一応、警察には被害届を出しておきました。


ネットで駐車場で起きた当て逃げについて調べてみると、4桁のナンバーがわかっていても、車の色が分かっていても、当て逃げ犯が判明する可能性は低いと書かれていました。

人身事故ではないので、警察があまり積極的に捜査してくれないのだと書かれていました。


そんな感じで、半分は諦めていたのですが、一昨日の夜、牛久警察の交通課から電話が掛かって来ました。

「当て逃げされた方が判明しました。」

「本人は、ぶつかったのは分かっていたけど、怖くなって逃げてしまった、と言っています。」

「明日、そちらに連絡を入れるよう、本人に連絡先を教えておきました。」

「一応、相手の連絡先もそちらに教えておきますので控えておいて下さい。」

「修理の事など、話し合って下さい。事故証明はこちらに来て頂けば出せますので。」

警察からの電話の内容はこんな感じでした。


事故当日には、「車の色と4桁だけのナンバーでは防犯カメラの画像が悪いので、特定は難しいかも。」と言われていましたが、ちゃんと捜査してくれていたんですね。

まぁ、しまむらに買い物に来るという事は、牛久市内あるいは近隣の市に住んで居る人と思われますし、画像が悪いと言っても、警察ならば、車種の特定もそんなに難しい事ではないのでしょうね。


そして、昨日の午前中に本人から電話が掛かって来ました。

「この度は、車をぶつけておきながら、逃げてしまい、本当に申し訳ございませんでした。」

「今日、直接謝罪に伺いたいのですが、お時間作っていただけますでしょうか?


警察からは詳しい事は聞いていませんでしたが、電話の声は若い女性のようでした。


で、午後1時にこちらに来るという事になりました。


電話を切る前に、気になっていた事を訊いてみました。

「ご自身で出頭したのですか?それとも、警察から連絡が入ったのですか?」と。

「警察からです。」


そっか、自責の念で結局自分から出頭したのではなく、警察の捜査で特定されたという事だったようですね。

牛久警察の交通課のみなさんが頑張ってくれたのですね。

ちゃんと捜査して下さった事に感謝です。


さて、後は本人がこちらに来るのを待つだけです。


続きを書きたいのですが、もう時間がないので、次回の記事で更新します。





最後まで読んで下さってありがとうございます。

記事を読んでいただける事、それが私の励みです。(´▽`)アリガト!

どんな事でも、お声を掛けていただけると嬉しいです。





にほんブログ村








よろしければ、こちらのブログも覗いてみて下さいね♪
         ↓
ケセラセラ🎶 義母の介護と私の日記

良質なカウンセラーを目指すブログ








プロフィール

シンディ

Author:シンディ
シンディのブログへようこそ!

「思ってもいない事は絶対に書かない」をモットーに、感じた事を心のままに・・・。

ごゆっくりお過ごしくださいね♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ村ランキング
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる